最後に

もう少しポジティブな日記で終えることにしました。

時々、読み返したくなる手紙が何通かあります。
その1通。

大学時代の友人からもらった手紙。

届いたとき、私は激しく落ち込んでいるときでした。
でも、友人は私が落ち込んでることなんて、全く知らなかったはずです。

会うことがなくなって、もうずいぶんと経っていましたから。

手紙のなかに、大学時代を振り返った言葉がありました。

*************************

・・・・

あの頃はいい仲間に出会えて、最高に楽しい毎日で・・・

○○の住む女子禁制の男子寮に皆でこっそり忍び込んで、朝まで飲んだ日を覚えてる?

あの日、こわいくらいに楽しくて幸せを噛みしめて語りあってたとき

ふとaoiが言ったんだよ。

「今が最高に楽しいなんて思いたくない」って。

それは、これからの未来はもっともっと充実していて、幸せなものにしなくちゃいけないっていう意味だったと思うんだけど。

同感だった。

・・・・・

今でも俺はこの言葉を時々思いだすんだ。

あの頃の自分に負けていないかな、って。

あの頃の自分に恥ずかしい生き方をしていないだろうかって。

楽しいもの、幸せ、それらが学生の頃と同じではなくなったかもしれないけど。

・・・・・

************************

すっかり忘れていた思い出が、急によみがえってきたのを覚えています。

涙が出てきた。

そして励まされた。

あったかい、友達の手紙。

昔みたいにしょっちゅう会えないけど、というか、ほとんど会えないけど、

みんながそれぞれの土地で、一生懸命の日々を送っているんだって思うとエネルギーが湧いてくる。

「今が最高に楽しいなんて思いたくない」という生意気な言葉と

「あの頃の自分に負けていないかな」という言葉。

落ち込みそうになったとき、思い出しています。

そして、日本各地どころか地球のあちこちに散らばっている友達たちの顔を思い浮かべます。

いつかまた再会できたとき、恥ずかしくない自分でいたい。

そんな気持ちで、今日も明日もあさっても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オシマイ

このブログをやめることにしました。

もともと、本を書いたことがきっかけではじめたブログ。

「            」の著書があることを知ってる人が検索するとヒットします。

それが、ブログを書く上で、非常にウィークポイントだと感じるようになってしまいました。

「ブログ読んでるよ」って言ってくれる友人知人かもしくは全く知らない人に向けて書きたい。あの著者名に縛られたくない。

というとってもワガママな理由です。

「        」で本を書くことはもうないと思うし。

・・・・・・・ということで。

他の場所で、スタートすることに決めました。

コメントは今までどおりブログに反映されませんが私には届きます。

次のブログを知りたいという方はメッセージくださいね。教えちゃう。

じゃあ、ばいばい☆

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近頃、

忙しい。

こんな時間までPCに向かってほとほと疲れるけれど、アフター6の仕事がなければ生きてる実感がない。

不安定収入だけでは、精神も不安定になるから仕方ないよなぁ。

やだなぁと思うこともしょっちゅうだけど、やっぱり好きなことは続けたい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

フランス人の友達がフランスに帰る。

フランスに帰ってその足でモナコに行って心臓の手術をするらしい。

知り合って結構経つのに、彼がペースメイカーをつけてるなんてほんの数ヶ月前まで知らなかった。

最初は冗談いってるのかと思った。

でも

「ほんとだよ」って言って、ペースメイカーが入ってるというところに触らせてもらったら、硬くて、事実だった。

それでも彼いわく「大きな問題じゃない」らしい。

携帯も使うし、インターネットもやるし、スポーツだって「全く問題ない」と。

1歳、8歳、15歳と大きな手術をしてきて、24歳の今回の手術。

今は、見上げるくらい大きな男子に成長した彼がまだ小さいころ、心臓の手術を受けていたことを想像したらちょっぴりウルっときた。

「おチビのJ、頑張ったんだね。えらいね。」と言ったら

「うん、でも僕は寝てるだけだから。たぶん、お母さんがとっても心配したし大変だった」って。

優しい、いいコだわ。

そして、年下とは思えないくらいいつも頼もしい。

なんだか慌ただしく「ばいばい」してしまったから、5月の末、また日本に戻ってきたら、焼肉パーティーを盛大にしてあげたい。

手術がうまく行って、元気に戻ってきますように。

そうしたら、全然勉強する気にならないフランス語もちょっとくらいは勉強してやってもいいよ、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見はしなかったけれど、この春はいろんな場所で桜を見上げた。

通勤電車の窓から見える景色のあちこちに薄桃色の花をつけた木があって、街にこんなにも桜があることに気がついて結構驚く。

色があるって、やっぱりステキ。

谷川俊太郎さんの詩「真っ白でいるよりも」を思い出したりする。
Mr.Children の歌「彩り」が頭を通り抜けたりする。

桜と名のつく歌は数あれど、コブクロの「桜」に思い入れがある。

たしか、このCDが出たときのコピーは「一瞬のためなら、一生、生きられる」というものだったと思う。

「イ」の音の持つ力強い響きと言葉のもつ強い意思が相乗効果。インパクトがあって好きなコピー。

1年まえの春、コピーの勉強をかじったとき、初めて考えたコピーを尊敬するコピーライターの先生が赤線ひいてほめてくれた。嬉しかった。

このCDのコピーにはまるでかなわないけど。

これから先も桜をみるたびに思い出すんだろう。

来年は、誰とどんなところで桜を見上げるんだろう?

毎年、桜をみるたびに年を重ねていく。
楽しいこともそうじゃないこともいっぱい積み重ねて。

きっと。

春をかさねて大人になる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界水泳

この間、久々に夜ジョグしたら汗ばんだ。春のきざし。
そして、いつもの半分の距離でばてた。デブの証。

しっかし、世界水泳・・・アメリカのフェルプスはすごいなぁ。

ワールドレコードの赤い線が彼を追いかけていたよ。
世界記録を余裕で更新。
そして、すでに3冠達成・・・。すっげ!!

北島くんは100Mで、惜しくもハンセンに敗れて銀。
50Mと200Mでリベンジしてほしい。今日は、その50M決勝!!
がんばってー☆

ところで、引退したイアン・ソープは、今どこで何をしているんだろう。

自国オーストラリア開催の世界水泳なのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もらい泣き

フィギュアスケートで、安藤美姫ちゃんが優勝。浅田真央ちゃんが2位。

真央ちゃんが滑ったあとは、素晴らしい演技を披露して、しゃくりあげる彼女につられてもらい泣き。

ショートプログラムで失敗して5位だったにも関わらず、それを逆転させる圧倒的な演技だった。

そして。

演技もキャラクターも、美姫ちゃんより真央ちゃん派なのだけど、

それでも美姫ちゃんの優勝が決まった瞬間は、やっぱりもらい泣き。

美姫ちゃんは「若い選手のほうがジャンプも軽く跳んでいて・・・」みたいなことを言っていたけど、彼女だって、まだ19歳。

ケガをしたり、プレッシャーがあったりした中でたくさん練習して、よく頑張ったなぁって思う。

彼女たちの涙は、その努力が実った証。

美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい便り

韓国に帰国した友達から手紙が届いた。

彼女が育った街のシンボルのイルカでハートをかたどった携帯ストラップとともに。

Yuri

年齢もずっと下で、育った環境も全く違うのだけれど、話しているとお互い共感できるところが多くて、いろいろ話したっけ。

天気のいい日にまた一緒に散歩しながら、話ができる日が来るといいなぁ。

目を整形したらしいので(さすが韓国!)、今度会うときは、それも楽しみ♪

最近はスポーツ鑑賞ざんまいで、ちょっと前はスキージャンプ、このごろは、フィギュアスケートとシンクロに夢中。

応援していたフィギュアスケートの高橋大輔くんがメダルを獲って、シンクロではフランスのデデューがソロフリーで優勝して、とても嬉しい。

浅田真央ちゃんと、中野友加里ちゃんも、いい結果が出るといいのだけど。

それにしても。

メダルを獲ったり、優勝するために、日々、練習するアスリートがまぶしい。

あの美しくてしなやかな筋肉が全てを物語ってるよなぁ。

本当に心からすごいなぁと思う。

嬉しい便りは、ほかにも続々と届いて、気分がよくなって昨日はお花を買ってしまった。

Photo_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界水泳 シンクロ

見ごたえあります。キレイです。ほんっとに。

日本勢も頑張ってて、すでに2つのメダルを獲得。喜ばしい。

スポーツでありながら、芸術性を求められるいわば進化した競技。

フィギュアスケートや新体操なんかもそうなんだろうけど、スポーツの汗臭い感動だけでなくて、ため息が出るような美しさも堪能できるので美味。

なかでも、フランスのデデューの美しさったら何なのだろう。

シンクロに漂う独特の違和感(作り笑顔とか技術重視の堅い感じっていうのかなぁ)みたいなのがまったくなくて、しなやかで。

水の波紋までもを味方につけたような演技に魅了されます。

ノーズクリップを必要としないっていうのも、すごい話。

あんな風に泳いだ人、彼女が出てくるまでいなかったと思う。

ロシアのイシェンコの高い技術力の演技も素晴らしいけれど、デデューの身体全体で歌うような踊るような姿は、3分だけでなくいつまでも観ていたいって思う。

彼女の前世は人魚。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お勉強

お勉強しています。「食」について。

お勉強していくうちに、自分の身体についてよくわかってきたことがいっぱい。

お肉を食べるとしばらく身体が重く感じるようになるし、ジャンキーな食べ物を摂取しすぎるとアトピーぽい「かさかさ」ができて、かゆくなる。

洋服でも好きな物と似合うものが違うように、食べ物でも好きな物と自分の身体に合う物は違うんだなぁと思うようになった。

なるべくマクロビ、なるべくジョギング、やってるけど、きっと実践してる人ぽく見えない私の体型(笑)。まぁ、いいか。

甘いものもお酒も好きだし、お肉も食べれば美味しいと思う。

でもやっぱり私にとっては控えるべきものみたい。

ここ数ヶ月、お酒、お肉、卵、乳製品はほとんどと言っていいほど口にしてない。

なかなかやめられないのが、甘い物。それからカフェイン。

冷え性の強敵!!

お菓子は自分が納得いくものを手作りし、カフェインはチコリコーヒーやブラックジンガーにすればよいのだろう。でも手間と時間とお金がかかるのだ!!

どうしてくれよう。

マクロビの勉強していると、食に関わらず、世の中のいろんなものが「バランス」にのっとって存在してるってことに気づかされる。面白い。

それから、お料理熱も高まってくる。もともと好きであるゆえに。

Café Eight の「VEGE BOOK」やオレンジページムックの「マクロビオティックスタートブック」

辰巳芳子さんの本数冊なんかをパラパラ見てると、作りたいものがいっぱい。で、作ったりして。

そして草刈民代さんの著書「全身からだ革命」。これも、私のお勉強本。読むだけで、からだ革命しちゃった気分になる。いかんいかん、実践しなくては。

そうして、実は、働いてみたいお店があったりする。

でも、もう飲食の仕事は引退を決め込んだので行動には移さないけど。

もし、お店を出すことがあれば、こんな感じだったらいいなぁって思う。のんきに。

実際、始めるのはほんっとに大変なんだってこと、身を以て知っているにも関わらず。

今度のお休み、久々にあのお店へ行こうかな。

 

と、ラム酒の利いたチョコを食べながら思う午後。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクロビオティックなお弁当

最近のランチは、手抜き弁当(玄米ごはんと温野菜だけとか・・・)ばかり持参してましたが

昨晩はがんばって、色々仕込んだので、今日のお弁当は好きなおかずがいっぱいで大変満足です♪

・きんぴらごぼう

・切り干し大根の甘酢漬け

・とら豆の醤油びたし

・小松菜のごまあえ

・グリル野菜(かぼちゃ、にんじん、じゃがいも)のマリネ

・ゆでオクラ(ごま塩ちょびっと)

・玄米ごはん(ごま塩とたくわん、葉唐辛子ものっけて)

・三年番茶

お弁当箱に可愛く詰めたので、写真を撮ればよかったと今、ものすごく後悔・・・

4月からは、本当に本当に食生活をあらため、ランニングもちゃんとやるつもり。

近々、7号食もやってみるつもり。

それでもあんまり躍起にならず、ゆるゆると「なるべくマクロビ」をしたいなぁと思うこのごろ。

たまにはお酒も飲みたいし、いっぱい走るとお肉が食べたくなるし、友達とわいわいやりたいからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧