« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

KIDが・・・

2回戦で負けてしまった・・・

見た目、そのまんま、ヒジがねじれてた・・・痛そう。

北京オリンピックに出場してほしいので、次回にまた期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソンへの道☆楽しみを待つこと

2月18日の東京マラソンまで1ヶ月をきっています。

お正月太りは解消されないし、そんなに走っていないし、足の爪は2本はがれているし、

マラソン当日はどうやら生理にあたりそうだし。

と、まぁ 走れなそうな言い訳がいっぱいです。

それでも、

「できない理由は挙げればキリがない。できる方法を見つけるべきだ」

という誰かの言葉を思い出しては、うしろ向きの気持ちを前に向けようと努める日々です。

走れる方法・・・それは、出場することが楽しいと思えること。

なんていったて、第一回開催だし! 

都心を思う存分走れるんだし!

ホノルルでは、ほとんど(私は)出会えなかった文化人有名人に会えるかもしれないし!

なんて挙げてみれば・・・ちょっと楽しみになってきたりして。

そう、4月にはさいたまスパーアリーナで2日間

6月には石川県で、お楽しみイベントが決定。

楽しいできごとを待ってるって、しあわせ。

いま、来たるべき幸せな時間を想像して、いろんなことを楽しみにまってるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球人

先日、TVで、戦力外通告を受けた4人の野球選手がトライアウトに挑む番組を見た。

華やかな面の印象が強いけど、プロの世界ってほんとに厳しいところなんだなと思った。

例えば、優勝した翌日に通告されたり、年俸9000万の選手だってある日、チームに「君はいらないよ」ってことを言われるわけです。

奥さんも子供もいて、生活の拠点も移したばっかりだっていう人もいるし、20代半ばだって、「クビ」って言い渡されるわけです。

トライアウトを受けるための練習相手を探すのだって一苦労。

今まで普通に使っていた練習場だって思うようには使えない。

どうしても野球を続けたい、と思う4人の選手はトライアウトを受け、その結果、明暗は分かれます。

それでも誰一人、結局は、野球を辞める道を選ばず

それぞれの方法で、野球を続ける道を探し、挑戦しようとしている姿がかっこよかった。

4人のうち、若い20代の選手は、先輩である桑田選手のところへ相談へ行きます。

桑田選手の言葉が印象的でした。

「・・・結局、選択し決めるのは自分自身なんだよ。そして、挑戦した結果、周囲に何と言われようと、君は決してそれを気にすることはないんだよ・・・」

「僕もいま、こういうカタチになって、いろいろ勉強しているところなんだ。何か教えられることがあったらいつでもアドバイスするから。いつでも相談しに来ていいんだよ。遠慮しないでいつでもおいで」

桑田選手のこと、これまで何とも思ったことなかったけれど、ちょっと好きになりました。

静かで情熱的で優しい人なんだな、って。

クビって言われても、野球が大好きでもっともっと続けたいって、それこそ変なプライドなんて捨ててそう言える人たちも、第一線で活躍してる選手たちと同じくらいかっこいいと思う。

頑張ってほしいと思う。野球を続けてほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

Photo_7

あけましておめでとうございます

初詣は赤坂の日枝神社へ。

初日の出はお台場に観にいってきました。

日の出、思いのほか美しくて思わず合掌してしまいました。

そんなに混んでいなかったし、いい場所だった気がします。外ではないので寒くないのが嬉しい。

年越しは友達と自宅でキムチ鍋しながらK-1観戦。

元気引退にうなだれ、秋山の勝利に喜びました。

KIDも所もかっこよかったけどやっぱり秋山が一番♡ 

ちょっと不完全燃焼気味の試合でしたが。

(30日の朝起きてから、ほとんど寝てないにも関わらず、アクティブな年越しができました)

昨年は、出会いと再会の1年でした。

そして、最後の最後の30日には高校の同窓忘年会で、さらに再会記録を更新。調子に乗ってオール。

楽しい時間を一緒に過ごせた旧友たちに感謝☆

2006年、お世話になった人たちみんなにありがとう☆

そんなわけで、1月1日の本日は朝、9:30頃に帰宅、熟睡。

夕方、17:00頃起きました。これから年賀状書きです。

そうそう、年越ししつつ、今年の抱負を7つ書き出してみました。

きちんと全うできるよう努めたいと思います。

よい1年になりますように

今年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »