« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

ホノルルマラソン 完結篇

ホノルルマラソンをまじめに語る の巻

ホノルルマラソンが開催されるようになったそもそものきっかけは、

心臓にペースメーカーをつけた人の「私だってフルマラソンを走りたい」という願いを叶えたものだったらしい。

それまで、レースといえば、競技者のもので制限時間のあるものばかり。

身体に障害がある人が走りきれるレースはなかった。

ホノルルマラソンに制限時間がないのはそんな理由から。

どんなに遅くともゴールまでたどり着ければ「FINISHER」になれるのはそんな理由から。

車椅子の人も目が見えない人も、はた目からはわからないけど、きっと病気を抱えている人も。

日本人がほとんどだったけど、それでも、いろんな国の人が

走るために集まってくるレース。

実際、車椅子の人や目の見えない人が走ってる姿を見ると、沿道の人だけじゃなく、走ってる私たちも 拍手したり声を出して応援する。

そういうのが、とても素敵に思えた。

走った翌日、海にダイビングしに行ったとき、片足がないお兄さんに出会った。

私は最初にバスで会ったとき、車椅子をつかっているのは一緒に来ていたお母さんの方だと思ってた。

お兄さんの足が片っぽないなんて気づかないまま、完走の喜びを分かち合っていた。

バスを降りたとき、実は、車椅子に乗っていたのはマラソンしたお兄さんの方だとわかって本当にびっくりした。

傷跡があったから、きっと事故か何かで無くしてしまったんだろうと思う。

レース中に車椅子で走る人を何人も見かけたけど、今、目の前にいる人が本当にホノルルマラソンにチャレンジして完走したんだ、って思ったら、なんだか涙が出そうだった。

お兄さんは、マラソンだけでなく シーウォーカーという宇宙服みたいなのを着て海の中を歩く というのにも挑戦していたし、シュノーケリングにも挑戦していた。

シュノーケリングに行く前に私に「海はどうでしたか?」と聞いてきたので

「魚がいっぱい見えて、とってもキレイでしたよ。シマシマの魚とかファインディングニモみたいなのも見えましたよ! さんご礁も見えました!」と言ったら

「ほら、お母さん、きれいだって。やっぱりお母さんも行こうよ」みたいなことを言って渋るお母さんを連れ出そうとしていたくらい積極的。

お兄さん、相当かっこいい。

そうして、ハワイのインストラクターの人たちも障害のある人たちと一緒に海に出ることにとても慣れている様子だったのも印象的だった。

お兄さんとお母さんは、私が東京マラソンに出ることを知ると

「じゃあ、TV中継見なくっちゃ。わかりやすいようにホノルルマラソンフィニッシャーズTシャツ着てね」なんて言ってくれた。

連絡先の交換くらいしたかったけど、帰り際、バタバタしてしまってできなかった。

でも、私、2月に東京を走るとき、どこかでこのお兄さんとお母さんが見てるだろうと思って走ろうと思います。

ホノルルマラソン第一回開催の話をしてくれた山西先生は、かつて養護学校の校長先生だった。

その養護学校では修学旅行がホノルルマラソンだったという。

マラソンに参加した児童が、ダイヤモンドヘッドの向こうから昇る朝日をみて言ったそうです。

「見て、神様が昇ってくるよ!」

素晴らしいイベントに参加できて、本当に嬉しく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完走の感想 ホノルル⑫

_027_1

Imgp0459

無事、帰国。

ドキドキの初フルマラソン。
目標の「歩かないで完走」できました!

タイムは4時間52分32

5時間半から6時間くらいかかるかな? と思ってたので、結構うれしい。

そして、タイムより何より、すごーーく楽しい時間を過ごせたのが収穫。


まだ真っ暗な早朝に花火が上がってスタートして、白々と明けてゆく空の下、ひた走るのは「爽快」そのもの。

もちろんデジカメ持参だったので、パチパチ写真撮影。

折り返してからは、そんな余裕もなくなったけれど。



ゴール近くでは有森裕子さんが「あと少しよー」と声をかけてくれて、ミーハーな私はそれまでの疲れも忘れて

「あ、あ、あぁ~!!」と叫んで両手いっぱい手を振っちゃいました。

そしたら有森さんも両手で手を振り返してくれて・・・

感動です!


ゴールして感極まった私、ウルウルしちゃいました。
「自分で自分をほめたあげたいです」てな感じに。


完走後は、高校時代の同級生と、そのお友達夫婦、お友達カップル、私のルームメイトの7名で焼肉お疲れ様パーティー。

たらふくお肉を食べ、泡のないビールも美味しく感じました。


翌日は痛い身体をおして、ダイビング。

珊瑚やキレイな色の魚たちと戯れ、ついでにバナナボートにも挑戦。

あまりにも恐くて、ずっと悲鳴をあげ続け
「モア・・・スロー・・リー・・・プリぃぃーズーー!!」
と叫びましたがその声はボートの騒音でかき消され届かないのです・・・。

バナナボートは、もう一生やらない。


そんなこんなで、短かい時間だったけれど
マラソンも海も大満喫の旅行でお友達もできて、大満足です☆

来年も行っちゃうぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅立つまえに

やるべきことがありました。

アリーナツアー先行予約。

12日が締め切りで、ホノルル帰国が13日。

だから、今日、

いい席が当たりますように

と願いを込めて クリック。

4月にさいたまスーパーアリーナにて、また 楽しい時間を過ごすために。

ちなみに

8月の大阪世界陸上も、チケットを取ろうと思いつつ、まだ迷ってる。

まえに日本で世界陸上があったのは15,6年前だから、そう思うと貴重なチャンス。

でも!! でも・・・ でも。

帰国したら、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに  (ホノルル⑪)

明日、ホノルルへ出発。

今となれば、もっと頑張って練習すればよかった・・・なんて試験まえの受験生みたいな気分だけど。

腹をくくって。

楽しんでこようっと。

ドキドキわくわくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「まってる」

心穏やかになるかわいい絵本です。

少年が老人になっていく人生のなかで訪れる
様々な「まってる」瞬間が描かれてます。

赤い毛糸が随所に映え、細い線のイラストも一見の価値アリ!!

クリスマスに向けて、大切な人へプレゼントしたい一冊です。

原語はフランス語で、訳は小山 薫堂氏。

東京カレンダーなんかで、食や器のコラムをかいたりしてるけど、ほんとは放送作家。素敵な大人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »