« 「泣きながら生きて」 | トップページ | お姉さんぶるの巻 »

ホノルルへの道⑨

最近、足が痛むので、神田にある「アスリートクラブ」へ。

シューズやインソール、足に関わるいろんなアドバイスをもらえるとの評判をきいて。

ずばり「足のお医者さん」でした!!

まず、お医者さんはカルテに症状を書きますよね。

そんな感じで、痛む場所や週間もしくは月間の走行距離、これまでのスポーツの経験などのチェックがあります。

次に、聴診器をあてるように、足の測定や、足首が曲がる角度の測定がはじまります。

そして、レントゲン写真を見るかのように、フットプリントを見て、どんな歩き癖があるか、ということを教えてくれます。

私の場合は、ちょっと外向きなので、もっと脚の内側を意識して歩いた方がいいようです。

それだけでずいぶん違うようです。

そうして、たくさんあるシューズの中から、足に合うであろう何足かのシューズを持ってきてくれるのです。

試着。

同じ24センチでもシューズによって全然違うのね。走るときは指先1センチは余裕がないと、いけないなんて、私知らなかったです。

そんなこんなで、選ばれたシューズ。

なじみのブランドでした。

買おうかと迷ったこともあるシューズでした。

ここではこの一足しか扱ってないらしいけど。

運命のシューズには、すでに出会っていた、ということになります。

再会とは、人でもシューズでもやはり嬉しいものです。

さらに、

サンプルのインソールを入れて履いたら、

ひゃあーーー!!!!!!

これだけで、すごい違い!!

背筋がすっと伸びて、脚も長くなった気分。きちんと立ててる感がありました。

びっくりです。

これはサンプルのインソールだけど、

できあがってくるオーダーメイドのインソールだったら、もっと素晴らしい履き心地なのかと思うと嬉しくて、完成がとても楽しみです。

ホノルルぎりぎりの完成で、履きこなせないのが少し不安だけど、「大丈夫ですよ」との言葉を信じて

それに、ホノルルに出ることを知って、完成を数日早めていただいたことに感謝して

お店を後にしました。

|

« 「泣きながら生きて」 | トップページ | お姉さんぶるの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160504/12724256

この記事へのトラックバック一覧です: ホノルルへの道⑨:

« 「泣きながら生きて」 | トップページ | お姉さんぶるの巻 »