« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

情熱不足

この数ヶ月、ある分野の第一線で活躍する人たちのお話を聴く機会に恵まれた。

スクールに通っていたということなのだけど。

(聴くだけでなく、自分でも一生懸命(?)勉強したつもり)

そのなかで、ある講師の言葉がとても印象に残っている。

「人間は成功よりも失敗が多い。

成功のために安全な道を選択するのでなく

失敗したときに後悔しない道を選ぼう。

何をしているときが、一番好きか?

・・・(略)・・・

僕は広告が死ぬほど好きだから、広告をつくっている。」

こう言えるって、本当にかっこいい。

彼は、「職」について語っているのだけど、私はそれは職じゃなくてもいいとは思っている。

好きなことが明確になっているかいないかは、人生においてかなり重要。

矛先は、仕事でも家族でも野球でもサッカーでも盆栽でもアイドルでも子育てでも何でもいい。

情熱を傾ける何かがある人のほうが、格段に魅力的。

常に他人を批判したり、できないことを周囲のせいにして否定的な人を見るとなんだかなぁ、と思う。

もったいない。人生はそんなことに時間を費やすほど、

長くはないのに。

(私は、今こうして、費やしてるけど)

飛べないのは飛ぼうとしてないからでしょ。

飛ばないなら、飛んでる鳥をうらやましがったり妬んだりしちゃいけない。

飛び方が下手だって笑うのも間違ってると思う。

(翼をもたない人間が飛ぶためにどれだけ努力してるかってことを想像してほしい)

飛ばない生活も、ひとつの選択。そういうのも潔くていい。

金城一紀は小説でこんなことを言っているよ。

「広い世界を見るのだ」

「恐怖の向こう側にあるものを見たくねぇのかよ」

「何度でも転んで重力を知り尽くしていつか飼いならしてやればいい。そうしたら、空だって飛べるようになるよ」

「女の子だからって、おとなしく待っていなくてもいいんだよ」

きりっとぱりっと潔く。

情熱もポリシーもオチもない会話は退屈よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界で

平和に暮らしている人は、ほんのひと握りなのもかもしれない。

そのほんのひと握りである自分には、知らないことが多すぎるみたい。

映画「ホテル・ルワンダ」みたいなことが、今も現実にスーダンで起こっている。

http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=503

今月末には、国連平和維持軍もNGOもジャーナリストもスーダンからの撤退を余儀なくされるそうです。

今朝テレビで見た、亡くなった丹波哲郎さんのコメントを思いだしたりして。

「霊界を知れば世界から争いはなくなる。死んだら、今度、どこの国に生まれるかなんて選べないんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパー陸上(9月24日)

ずっと応援している為末選手、6位に終わってしまってちょっと残念だった。

400Mで3位になった法政大学の金丸くんの、人をもコースをも飲み込んでしまうようなぐんぐん走る姿に魅了され、すごいなぁって思った。若いし、これからがとても楽しみ。

女子の200Mと400M見たら、あぁ、もっとちゃんと高校のとき頑張って部活やればよかったなぁ、なんて思ったりした。

才能もなく、努力もしないダメダメ選手だったけど、競技場でスタブロに足かけてスタートするあの瞬間をとてもとても懐かしく思い出した。

400Mで2位になった丹野麻美選手はおまけに美人だし、ちょっとうらやましい。

来年、大阪で開かれる世界陸上、ぜひこの目でしっかりと観たいと思う。

☆LOVE SPORTS☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホノルルへの道⑤

ホノルルチケット。

もう、どこもかしこもいっぱいみたい。
でも、行きたいのよね。絶対、ゲットしてやる!!



①JTBのツアー。
 ・キャンセル待ち。(私の前に2組がキャンセル待ち)

 ・JTBの旅行積立がある。(←忘れてたけど最近発見。現金がそんなに減らないで済む!)

 ・いたれり尽くせりで、お値段もお手ごろになる(↑)

 ・待ったところでゲットできるかはわからない。



②HISで押さえてる航空券。
 ・発券すればとりあえずホノルルには行ける。
  
 ・これからホテルをゲットしなければならない。 航空券発券後さがしてくれる。早めに発券してホテルを手配しないと宿泊先がなくなる。
 (バックパッカー的な施設か多めにお金だしてホテル)

 ・すべて個人でやらなきゃなのでお金がかかる。


③名も知らぬ小さな旅行会社のこれから受付のツアー。
 ・スポーツツアー専門らしい
  
 ・小さい旅行会社は何かと不安がある
  
 ・結構高め(②と同じくらい?)

 ・国内レースも網羅していて、信頼できればこれから何かと使えそう。



ゲットできて一番嬉しいのは①

でも、待ちたくない
       今すぐ欲しい、「確かな手ごたえ」!


いろんなことを待てないで、 失敗を繰り返してきてるのに、いまだに直らない。



少々、値が張っても②? としか思えない。



それでも、とりあえず、明日③の会社に行ってみることにします。自分の目で見て判断。



<別バージョン>

☆1 本命のモテモテ男性。 
  ・待ったからといって振り向いてくれるとは限らない。

☆2 好意を寄せてくれる男性。
  ・自分が「YES」と言えばとりあえず彼氏はできる。
  ・これからとても好きになる可能性を秘めている。   
    
☆3 まだ参加したことのないお見合いパーティーなどにいる未知の男性。
  ・得体が知れない。こわい。
  ・信頼できればいいシステムかも?!

これなら即答。☆1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホノルルへの道④

足の裏

うおのめ?

まめ?

痛い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホノルルへの道③

柔道は、残念な結果に終わり、うなだれ気味。

どうしたー日本柔道!   どうした野村忠宏ぉ!! 

きみの一本が見たかったぁ。

それにしても、江種 辰明選手は、近い将来PRIDEのリングに上がってそうな顔立ち。

期待。

ところで。

まだまだ先だと思っていたホノルルマラソン参加にあたっての飛行機とホテルの手配、ぼーっとしてました・・・。

友だちから「早く予約したほうがいいよー、もうキャンセル待ちだよ」の一報が!!

さっそくJTBに問い合わせ。案の定、キャンセル待ち。

マラソンに参加する数人の知人とも現地待ち合わせのため、私は一人参加。

一人部屋追加代金でざっと¥20万ちょい也。

きゃー!!!    

痛い出費・・・。    めまいがする。 

というわけで、キャンセル待ち。誰か、キャンセルしますように。

妊娠が発覚して出られないとか、できればおめでたいキャンセルで。

日曜日の朝、NIKEランニングクラブで井の頭公園を走ってきました。

かーなーり、気持ちいい。

いつも深夜に走っているので、朝の気持ちよさと緑の中を走る素晴らしさに、くらくらしました。

来月はハーフのロードレースに参加します。

果たして走れるのか?

 

「他の人のペースに惑わされない」

これがポイントと見た!

「自分ペースでゆっくりと」 (=タイムは考えない)

ここでよい報告(「走ってきました」という報告)ができますように。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為ちゃん

松井もすごいけど

為(為末大)ちゃんもすごいね。かっこいいっす。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060915-00000036-nks-ent

今月のスーパー陸上にも期待。

今週末は柔道の野村の応援。テレビで。

ビデオが壊れ録画できず。

オンエアを見逃せない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホノルルへの道②

なんとなく気分もよく、涼しかったので、20km走ってみました。

意外と心地よく、走りきれてちょっと安心。

PRIDE観戦や旧友との再会や、すごいなぁって尊敬できる人に出会えたおかげです。

みんなみんな、ちゃんと努力しているんだもの。

その足もとにも及ばないけれど

私もこの辺で20kmにトライしとかなきゃどうなのよ、と。

単純と言われればそれまでですが。

乳製品とお菓子を控えた効果で、結構、体重が減りつつある。嬉しい。

それでも本番まであと3ヶ月、と思うとやっぱりあせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PRIDEと再会と

Photo_4 昨日、PRIDEを観に行って来ました。

K-1のときからわりと好きで、当日がお誕生日だったミルコがお目当てでした。

けれど、

どの試合もとてもエキサイティング。

細かいところはよくわからない「なんちゃって格闘技ファン」もかなり熱くなれました。

周囲にミルコファンは少なかったですが「ミルコー!」ってちゃんと叫んできました。

でもでもでも!
シウバ、ジョシュ、ノゲイラもかっこよくて、闘う男ってやっぱりいいなぁ、と。

クールフェイスなミルコがベルトを前にしたときに、目に手を当てて泣いていたのが印象的でした。

この瞬間のために、日々ストイックに生きてるのかと思うとやっぱりね、感無量です。

これを機に、自宅観戦を脱出してがっつり生観戦いきたいと思います。

一緒に行ってくれたみなさんへ。
ありがとう。

隣にいただっちゃんへ。
解説してくれてありがとう。

ボンちゃんへ。
チケット手配ありがとう。

そうして、夜は、原宿にある、「ap bank」がコンセプトデザインするレストラン 「kurkku kitchen」にて15年ぶりの再会を果たしてきました。
中学のときに引っ越してしまった同級生と。

MIXIのおかげで再会できたわけだけど、とても素敵な女性になっていて、うれしかったです。

思春期のいろんなことが恥ずかしかった話とか好きだった子の話、「食」のはなし。

短い時間だったけれど、とても素敵な夜をすごすことができました。

落ち込んでた一週間がうそのように、霧が晴れるみたいに気持ちが晴れた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況(ホノルルへの道@)

<ビデオが壊れた>

電源入れても3秒で勝手にOFFになる。

まるでやる気を出さないビデオにニートの息子を持つ母親の気分になった。

K-1を録画してあったのに、それさえも取り出せない。

つまらない試合だったとか、そんな話の前に、観たいの。自分の目で。

あーあ、残念。

<日々むかついていたので>

挨拶ができない人について、MIXIにて、汚いことばで悪態ついたら、すっきりした。

MIXIはもはや、ストレス解消の場。

知っている人しか見れない(そういう設定にしているからだけど)というのもよい。

このブログと違ってコメントがあるのもよい。

<ホノルルへの道>

この一週間、毎朝食べていたヨーグルトをやめたら、1キロ減った。

でも、体調悪くて20kmトライができずにいる。

女子は体調不調の期間があるから面倒。

もし、ホノルル当日に・・・なんて想像すると、嫌になる。

<松尾スズキの>

「ニャ夢ウェイ」を読んだ。愛猫のオロチを可愛がる松尾スズキがかわいい。

「クワイエットルームへようこそ」は芥川賞候補作にもあがった。

リリーフランキーの「東京タワー」映画化の脚本を書いたことでも有名。

彼のブログは、私が毎日チェックするブログのひとつ。すき。

<フリッパーズギターの>

CDをCD屋さんで見つけた。懐かしい。

少女だった頃を思い出す。雑誌「オリーブ」があった頃を思い出す。

<髪を切る>

きりました。ちょっとだけ。

<お菓子>

久々にお菓子を作りたい欲望が渦巻いている。作りたい。

タルト作りたい。

パウンドケーキ焼きたい。

パン焼きたい。

でも誰が食べるの? って思ったら、自分。 

食べようと思ったら全部食べれる自信があるので、こわいから、やめとく。

そんな日々です。 最近お会いしてないみなさまへ、ご報告。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホノルルへの道①

今年は

新しいサンダル! 新発売のハイパーマスカラ! 

ショップのセール!  などには目もくれず

NIKEの新作ウェアが出たときけば見に行き、

サイトでかっちょいいシューズを見つければ見に行き、

ちらっと試着してみたら、こんな私でもさまになるので購入しちゃったりし、

ついでに傍らにあった時計も可愛くて買ってしまったりとランニンググッズばかりが気になる日々でした。

ホノルルマラソンに出るのは20歳のころからの夢だったので叶えたい。

なんだかんだと忙しくてここ(30歳!)まで来てしまったけど、今年はやっと機会がめぐってきたのです。

出場はエントリーすればいいんだから出られるけど、出るなら完走したいなー、と。

でも、最近はあせり気味。

夏の終わり8月末時点に設定していた目標体重と目標距離に届かず・・・。

遊んでばかりいたし、食べて飲んでばかりいたので仕方ないけど、思ったより夏って短いんだって、思いました。

「まだまだ時間あるし大丈夫よ~」とキリギリスの気分で夏を満喫しちゃったのです。

ということで、まずは食生活の見直し。

甘い物控える! お酒も飲み過ぎない! 乳製品もとりすぎない!

そして、このあいだNIKEランニングクラブの人に言われたように筋トレもちゃんとやろうと決意。

12月にはホノルル完走して、年末には格闘技観戦して、すがすがしい年越しを迎えたいと思う夏の終わりです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »