« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

スリランカ写真展

私が大学生の時に関わったスリランカのNGOがあります。

その後、同じようにこのNGOに関わって、今も活動を続ける人たちがいます。

彼らからのお知らせです。お近くにお住いの方、興味のある方はぜひ。

以下↓内容です。

スリランカ「TSUNAMI MEMORIAL」
    ~忘れない、そして応援しつづける~
         津波被災後のスリランカの写真展


インドの南に浮かぶ美しい島、紅茶と宝石の産地として有名なスリランカ。
かつてこの国を訪れた私たちは、人の笑顔の素晴らしさ、思いを尊ぶこころをおしえられました。

スリランカを津波が襲い、たくさんの人々が命を落とし、愛する家族を失い、また家財道具を一瞬にして失いました。

そして津波の被害を受けた人々の多くは、いまだに困難な状況の中で暮らし続けています。

その被害の大きさとその後の復興のもようを知り、忘れることなく応援し続けたいという思いで、このたび写真展を開催することになりました。

スリランカのNGO、ギャミ・セーワ・ファウンデーションから提供された被災後の写真とビデオ映像を用い、津波直後から一年四ヶ月経った現在までの、被害を受けた地域の状況を伝えます。(東部アンパーラ県、南部ガッレー県)
 
また、現地視察から5月8日に帰国する日本人女性により、復興がどのように進んだのか、今人々が抱えている問題は何か、ビデオ映像を使った報告会も行います。皆様のご来場お待ちしております。

【東京会場】

期間: 5月11日(木)~15日(月)
※13(土)・14(日)はビデオ上映と報告会があります。両日15: 00~
場所: 野菜カフェ「にんじん」
時間: 月~金10:00~19:00、土・日10:00~17:00
最寄駅: 西武池袋線「石神井公園」駅(池袋から所沢方面行き、快速11分)
     南口から出て徒歩1分。

野菜カフェ「にんじん」への行き方→http://www.k4.dion.ne.jp/~ninjin/map.html
会場では、被災した人々を応援する支援プロジェクトに必要な基金を募金します。

主催: スリランカ「TSUNAMI MEMORIAL」写真展実行委員会
お問い合わせ: abc55yes@yahoo.co.jp
HP: http://blogs.yahoo.co.jp/dousikohomada

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテヒロ

私の3月6日のMIXI日記にはリストランテヒロでの幸せな時間が書かれています。

こんな風に↓

青山店で友達とランチ。

メニューの正確な名称は忘れたけど、私がチョイスしたのは

・名古屋コーチンとルッコラの前菜
・フォアグラとトレビスのサラダ仕立て
・鱈と青菜のアラビアータ
・ティラミス
・カプチーノ

これに、全粒粉のパンとフォカッチャがついてくる。

もちろん、白ワインもオーダー。
(昼間のお酒、サイコーです。)

総てが、美味しいことこの上ない。

特にフォアグラは食べた瞬間思わず「むふ♡」って発声。
本当に美味しいと言葉にならないことを知る。

「声でた! 今、めっちゃ笑顔やで。美味しい顔してるわぁ。」って友達に笑われる。

ティラミスも、ただのティラミスにあらず。
マスカルポーネチーズがふわふわのムースになっていて、スプーンで掘っていくと、あぁこんなものまで・・・みたいな。

お~いし~い~

こんな瞬間のために生きてるって思ってしまう。
美味しいものは人を幸せにする。
そうして、久々に会った友達とのおしゃべりも。


その後、銀座に出てITOYAで買い物。
松屋のフォションでパンを、ジャンミエでお菓子を買って、児童書が充実の教文館にて絵本や童話をパラパラ。
gentenで、買う予定のお財布がまだあることを確かめて帰宅。

今夜は幸せ気分で眠れそう。

(以上 3月6日のMIXI日記)

それなのに~

今朝、このレストランの料理長である山田宏巳シェフが大麻所持で捕まったとのニュースを知りました。

・・・ショックです。

食を扱うシェフともあろう人が・・・。

料理とともに人に夢や幸せを提供する職人であるはずの人が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャガール

Photo

Shukushou

シャガールのことを書いた絵本を読んでいたら最後のほうに

「小さいころ、彼はイディッシュ語を話していた」

とあって、イディッシュ語では

感動することを「体がさかさまになる」と言ったり

家を訪問することを「家をとびこえる」と表現したりする、

ということが書いてあった。


それを読んで、私もシャガールのいくつかの絵を想像して

体がさかさまになったような心地。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かもめ食堂」

「かもめ食堂」 at シネスイッチ銀座

4月14日、金曜日のはなし。

立ち見と聞いて、お隣の座れる「寝ずの番」にしようかと一瞬迷ったが、やっぱりここは初志貫徹。

2時間、立って、観ました。立ち見の人、いっぱいでした。

小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ出演、 と聞いてその空気感が好きな人はこの映画もきっと好き。

ゆるいようでいて、時折キリリと厳しく。

かっこ悪いようでいて、実はかっこよく。

ユーモアにあふれていて、温かい。

そして、

ムーミンについてのプチ知識が2つくらい得られます。

ガッチャマンの歌も覚えられます。

久々に笑ってエンディングを迎えられた映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「モカシン靴のシンデレラ」

北米インディアン、ミクマク族が「シンデレラ」を語り直し伝承してきたもの。

辛い境遇だったとはいえ、魔法の力で素敵な衣装を身にまとい、ガラスの靴を落としてくるという思わせぶりな「シンデレラ」や

王子様がキスしてくれるまで、100年もの間、眠って待っていた「眠り姫」よりも

大好きな王子様に会うため、自分の声とひきかえに人間の脚を手に入れた「人魚姫」が

      好き

という人にはおすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アタック25には

これから、あるグループの曲をつなぎ合わせた文章を読みます。そのグループ名をお答えください。

というクイズがあります。真似しました。

10曲分! 本人がひとり隠れているぜ!


ビタースイートな毎日ににジレンマを感じ、

何度も「DON'T CALL ME CRAZY」と叫んでいた。

愛が呼ぶほうへ行ってみたら、正義の味方、稲妻サンダー99がこう言う。

「We Love Us」

ようやく気持ちが晴れて一番素敵なことに気がつく。

ネオメロドラマティックな未来にFree and Freedomを探しに行ってみよう!

Let's go to the answer   


29日に届いた昨年末の武道館ライブのDVDをやっとみることができた。

あの日の恋心がふたたび!!

嬉しくて、

ライブの曲で、ことばあそび。

おバカと呼ばれてもいいんです。恋にプライドなんて・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »