« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

「ミュンヘン」

映画「ミュンヘン」を観ました。

観てる間、ずっと辛い。胸が痛い。
左胸いたくて、気管支炎再発するかと思った。
こんなのは「ダンサーインザダーク」以来。

「血で血を洗う」とか、「憎しみの連鎖」 とかっていう言葉そのまんま。

でも、きっと観ないといけない映画。
知るために。
考えるために。


第二次大戦後、対日講和会議で当時のセイロン(現スリランカ)の大統領はブッダの言葉を引用した。

「人はただ愛によってのみ憎しみを越えられる
人は憎しみによっては憎しみを越えられない」

そう言って、日本に対しての賠償請求を放棄したという。

うすっぺらな中身のない愛だのポジティブシンキングは嫌いだけど、一国の大統領が対戦国に対してこう宣言できる強さを尊敬したい。

そんなことを思った。
           

       強くならないと。


観終わってもブルーは続き、気分の落ち込み激しく、仕方ないのでさっさと寝ました。

ちなみに、社会派映画を観た感想としてはとても不謹慎ですが、主役アヴナー役のエリックバナの70年代ファッション、とても素敵でした。

それから、私の大好きな国、マルタ共和国が主なロケ地だったので、マルタを思い出し、マルタが恋しくなりました。

マルタ! マルタ! マルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »